孤独の映画アドベントカレンダー 「パッケージ:オレたちの"珍"騒動」【4日目】

DickでFuckな男根ロードムービー

今日紹介する映画はNetflix限定コンテンツなので登録してる人は見てね、くらいのおすすめ度です。

タイトルは「パッケージ:オレたちの”珍”騒動」です。

Netflixの該当ページ→ 「パッケージ:オレたちの”珍”騒動」

内容は一言でいうと、男根を運ぶ物語です。 タイトルの珍とはそういうことです。

もう少し説明しましょう。

とある青年たちは友達だけでキャンプへ。楽しく酒を飲んでふざけていると、1人の男がトイレへ行く。 酔っ払いながら立ちション中、彼が片手に持っていたのはナイフ。 そのナイフを振り回し遊んでいたら、主人公たちがその男を驚かせてしまいその拍子で…

切り落としてしまいます。

という流れで、最終的に男根を運ぶ話になります。

あっ、言わなくてもわかるかもしれませんがコメディ映画です。

とにかく男根が映る

この映画は先程の説明どおり下品な題材を扱っています。 運搬中の男根も普通に画面に映ります(もちろん偽物ですが)

そして、運搬する道中でいろんなことが起きます。

男根がとある生き物に噛まれてしまったり、男根を運ぶために子供を脅したりそりゃもうはちゃめちゃです。

まぁ男根に抵抗がある方は見ないほうが良いと思います。
(男根に抵抗ってなんだよ・・・)

映画史上最高のシーン「ブリトニー・スピアーズの曲に合わせて男根が飛ぶ」

あまり言うとネタバレになるのですが、とある場所で男根ラグビーが発生します。

そこで男根が流れ弾よろしく飛び出すシーンがあり、なんとそこでブリトニー・スピアーズのとある曲が流れます。 私はそのシーンが異質で一見不釣り合いながらも、その一瞬を表現するにはあまりにもマッチしていて本当に大好きです。 この映画でしか見られないような特異なシーンであることは間違いありません。

何よりも大切な男のシンボルが奪われ、汚され、宙を舞い、それでも男根は持ち主へひたすら突き進む。 私はそのひたむきさ、若さゆえの失敗とそれをなんとかリカバリーしようとする青年たちの気持ちを受取りました。 まさに青春の映画だと思います。

くだらないけどちゃんとしてる

ここまで説明して、心底くだらない映画だと思ったかも知れません。 はい、そのとおりだと思います。

しかし、主人公たちの友情や恋愛についてもしっかりと描写されており、先程述べたとおり青春の素晴らしさを感じるよくできた映画だと思います。

とりあえず男根が映るシーンまで見て、抵抗がなければ最後まで楽しく見ることができると思います。

見て→ 「パッケージ:オレたちの”珍”騒動」

まとめ

はぁ、一生分「男根」を入力したと思う。

でも本当に面白いので見てね

明日はほろあまさんが書きます。私ですね。さよならー