孤独の映画アドベントカレンダー 『レゴ ムービー』 【3日目】

名作はここにあった

レゴは知ってますよね。あのブロックのおもちゃです。

レゴ ムービーはその レゴを題材にした映画です。

で、まぁ「はいはい子供向けね」って思いますよね。

はい、まぁノリとかは子供向けな感じですよ。でも、それ以上に大人の心にも響く作品です。 それほど深いテーマ、メッセージを持った名作だと思っています。

まさにすべてが最高の映画です。

何も言えない

この映画の大好きなシーンというか、設定というか、そういう要素を説明したい気持ちはあるんですが…

それを言うとネタバレなんですよね。

猿の惑星の最後の自由の女神の描写について語りたいけど、ネタバレだから言及できない、みたいな。

巧みな叙述トリックを使うミステリー作品を紹介するには叙述トリックであることもできれば伏せたいっていう気持ちのような。

例え下手すぎるな。

とにかくまっさらな気持ちで見て欲しい映画なんです。 ただ大きな衝撃を受けることはたしかです。 って書いてくうちにすみっコぐらしがオタクの大げさな感想で不当なバズり方した件を思い出しましたね。

なのでネタバレできる良い部分/事実を紹介しますね。

徹底してレゴ

映画の中に登場するものはすべてレゴです。 主人公もレゴです。 あの腕が =C の形になってるやつですね。 建物も乗り物もぜーーんぶCGのレゴブロックでできています。

そして、登場人物がレゴブロックを組み替えて違うものに変えるシーンもひとつひとつのブロックが再構成されます。 そういった徹底的なレゴでの表現は他の3Dアニメーションでは見られない部分だと思います。 その表現技法だけでも一見の価値はあると思います。

レゴで遊んでいた頃の気持ちになれる

レゴムービーの舞台はレゴでできた街です。 何もかも全てレゴでできている世界、そんな中で主人公は想像力を働かせ荒唐無稽なものをブロックで組み立てます。

そこで思い出すわけです、子供の頃完成形のレゴをバラして違うものを作っていた時の記憶を。 あの頃はきっと今にはない常識に囚われない発想があったのでしょう。 レゴムービーはそういった創意工夫の力を肯定し、遊び心というものを思い出させてくれます。

まとめ

時間もなくて全然ストーリー説明できなかった・・・

レゴムービーに関してはCMやPVの映像があまりにも参考にならないので、それを紹介することもできません。

レゴを触ったことがある人、レゴでなくとも自由な発想でおもちゃを触ったことがある人は老若男女問わずグッとくるものがある作品です。 まぁ結局見てくださいなんですよね。 Netflixには入ってたはずなので、是非ご覧ください。

明日の投稿者はほろあまさんです。わたしですね。何書こう・・・